息子の寂しさを感じながらも、答えれないもどかしさ

風邪をひいて2日すぎるけど、まだまだ良くなる気配なし。こんなときはゆっくり寝ていたいが、息子たちが寝させてくれるわけもなく、辛い日々を送る。唯一の救いは、熱が出てないことだ。熱が出たとき皆どうしてるんだろうと不思議に思った。我が家は、夫が遅いので毎日のように一人で二人の息子をみなければならない。これが流行のワンオペ育児だ。流行にのるのは嬉しいがこうゆう流行にはのりたくない。病院で貰った薬を当てに子どもが眠たくなるまで待つ。体が怠いときって座ってるだけでもしんどいんだ。と、思い知らされる。息子たちも鼻水を垂らしているが、元気が有り余っているようだ。さすが、40℃の熱が出ようとウロウロして寝ないわけだ。息子は、母に相手にしてもらえないせいか、時々寂しげな顔をする。その顔をみるのが切ないが、体が思うように動かない。寂しい思いをさせているのはわかっているものの、どうにもならないもどかしさを感じてしまう。