一人暮らしの実母とのディナーはリスナーに徹するべし

父さんが亡くなってから、妻はマイホームで独り暮らしをしています。
「寂しいだろう」と見なし何度か「一緒に住もうか?」と声をかけましたが、元気なうちは自分が気楽で良いとのことでした。
確かに私のほうも、坊やとダディの手助けでいっぱいなので、年老いた妻の手助けを講じる残余もないのが本音だ。
私も家庭や子育て、勤務に慌ただしいので、ずいぶん会いに出向くこともできないのですが、月に、何回か一人暮らしの妻の話し相手と極力二人でLunchをすることにしていらっしゃる。
何気ない日常の事件や近所と会った筋道など、止まることなくいくらでも話して出向く妻の容姿を見て「ちょい強烈ですな」と感じながら聞いています。
主流、筋道終わるとすっきりした外見でLunchを食べだします。
各回、妻の話し相手勘定なのかわかりませんが、Lunchの軍資金は妻が支払ってもらえる。
40歳を過ぎた私でも妻にとっては引き続き娘なのでしょう。
そういった、妻のモチベーションを察して各回おごってください。