クィーンの映画ボヘミアン・ラプソディが絶対に見たい

クィーンの映画ボヘミアン・ラプソディが人気沸騰していることを知り、どんな歌を歌っていたのか気になりネットで調べた。どの曲も聞いたこともある曲だが歌詞の意味が分からなく曲だけが耳の中に残っていた。

当時レコ−ドで見たクイーンのは男性4人グル-プでロングヘアーでタイツを履いていてイメ-ジだった。
ネットで見た動画プレディマ−キュリ−の歌声は4オクタ−ブの音域でどこまでも響き渡り、メンバ−のエレキギターの腕前もすごかった。どうしても歌詞の意味が知りたくて日本文に訳された動画を探しようやく意味もわかり満足だった。

ボヘミアン・ラプソディーの曲が耳から離れない。アカペラから始まり、バラ−ド、オペラ、ハ−ドロック、またバラ−ドに戻る5段階に変貌する曲、ママ−から始まる透き通ったきれいな声のバラ−ドは官能が揺さぶられた。歌詞を何度も読み返しているうちにようやく自分なりの解釈した時は涙が出てしまった。

久しぶりに映画館で見たい映画と出会った。脱毛ラボ パック 支払い